» 未分類のブログ記事

オープンカーにはそれを是と思わない人にとってはデメリットが多くあります。例えば走行性能です。重いハードトップを持たないことから、軽く運動性能はクローズドタイプの車より高いと思われがちですが、車体は剛性がアップされていることが多く、幌を格納するシステムが追加されることからボディはそれほど軽くなっていません。またソフトトップ部分の剛性が確保されていないことは車の安定性に影響し、結果としてクローズドタイプよりも走行性能が劣ってしまうことが少なくないわけです。ましてやオープンにした時のマイナス要素は想像に難くないでしょう。またエアコンが当然になった昨今でさえ、雨や雪に対する対候性は決して芳しいとは言えません。加えて、安全性やセキュリティの面でも劣っていることは明らかです。ことセキュリティの面では、ソフトトップを破って盗難することなどはそれほど難しいことではないでしょう。
しかしながらオープンカーに乗るユーザーはそれらをデメリットとは思っていません。扱い難い特殊なスポーツカーやオープンカーに乗ることをやせ我慢の美学などと称する人がいますが、そのやせ我慢の美学が一種のステイタスになっているわけです。特殊なスポーツカーに見られる、にわかには理解し難いエンジン始動までの手順も、オープンカーにおける電動もしくは手動による幌を開く過程も儀式になっているわけです。オープンカーを愛でるユーザーにとっては、クローズドタイプでは決して味わえない開放感の前ではすべてのデメリットが払拭されてしまうと言っても過言ではないでしょう。

誰もが一度はあこがれを抱くオープンカーですが、実用性という面では、当然多くの犠牲を払うことになります。乗車人数やトランクの狭さ、室内の汚れが目立つようになる、走行音はうるさいなど、一般的な乗用車と比べ、デメリットは多く存在します。

また、安全性という弱さもあります。屋根が無いので、横転したときや事故を起こしてしまったときに、自分の身を守ってくれるものが少ないです。とある開発者に対するインタビューでは、安全性については割り切って乗ってくれと言う内容を話していたくらいです。せめてロールバーの装着くらいはやっておいたほうが安全です。

盗難やいたずらにあいやすいという心配もあります。帆はナイフなどで簡単に傷ついてしまうため、セキュリティを強化しなければ、心配で駐車もできません。

このように不安や心配な点が多いオープンカーですが、やはり夏の海岸沿いをオープン状態で走る爽快感は、何よりもまさるものがあります。季節や天候に左右されてしまうことは残念なことですが、たとえ一年に数回でも快適なドライブが楽しめるのであれば、それはそれで価値のあることではないでしょうか。車という乗り物は、実用性だけではない、所有することの喜びも与えてくれるものです。

オープンカーの弱み

| 未分類 |

趣味性が高く、運動性能も高いなど利点が多いオープンカーですが、その分弱みというのも多く有ります。
まずスピードと見栄えを重視する関係から乗員数は二人乗りのものが多く、積載量もかなり少ない為に旅行など大荷物を扱う際には不便となってきます。
また上が開放サれているため、通り雨の場合でも社内や助手席の荷物が濡れてしまう事があります。勿論大体のオープンカーには幌だったり金属製の開閉可能な屋根が付いているものですが、一安全面の理由から一旦止めてからじゃないと開閉できない物も多く、屋根を出した頃には雨が止んでいるという事も珍しく有りません。
また比較的安価な幌が付いているタイプの場合、冬などに乗る際はやはり暖房が効きづらい事が多いですし、年式や車自体の品質によっては雨漏りがするというのもよく言われるトラブルです。
そして、オープンカーは開放感溢れるのは確かなのですが、都市部などの人の目が気になる場面においては逆に注目を退いてしまう傾向がありますし、防犯上の問題もあるため結局屋根を出しっぱなしで乗るというのも珍しく有りません。
こういった弱点があるため一般に広く広まっているとは言いがたく、趣味性の高いセカンドカーとしての人気がやはり大きいようです。

自動車には、実用的な面に特化したものと、オーナーの趣味性に合わせてデザインや仕様などに特性を持たせたものがあります。スポーツカーなどは、そのスポーティな走行性と挙動から、運転に爽快感を求める人に人気が高いものとなっています。
こういった特性の中で、他に人気が高いものとしてオープンカーが挙げられます。
車両のルーフ部分を開放することで、日差しや風などを体感しながら運転することが可能で、その爽快感は他の車両では感じることができないものとなっています。
オープンカー仕様の車両は、スポーツカーに多く採用されていますが、RVなどの4輪駆動車でもラインナップされており、アウトドアなど、自然を身近に体感できるものとして多くのファンを魅了しています。
こうしたオープンカーは、こうした醍醐味がある一方で、使用できる条件が限られているのが特徴です。
ルーフが開いた状態で走行するので、雨天など、悪天候の時は使用することができません。また、急に天候が変わるといった時にも、ルーフを閉めるために停車する必要があります。
以前のオープンカーは、ルーフの開閉に手間がかかるものでしたが、最近のものでは電動のものが多く、運転席での操作で開閉が可能となっており、その利便性は高くなっています。

オープンカーの利点はなんといっても開放感のある走り方を楽しめることです。
オープンカーというと、雨の日や冬場などとても不便と思われがちですが、雨の日は幌やハードトップの屋根を締めればしっかりと雨水の浸水を防いでくれますし、冬場などもエアコンをつけて風よけをしっかりとすればオープンで走行しても風が当たらずそれほど寒くはありません。
さらに、オープンカーはスポーツタイプの足回りや、低重心なため高速走行などにも向いています。
そのため、とても楽しい走りをすることができ、素晴らしい景色を見ながら、開放的なドライブが可能になるのです。
関西や関東などの大都市圏では、自動車の必要は殆ど無く、主に週末のドライブなどの楽しみのために自動車を購入する人が殆どです。
そのため、そのような人にはオープンカーが人気で、関西や関東の街なかではきれいな街並みの中でオープンカーが颯爽と走り抜けるといった光景をよく目にします。
特に、神戸の街にはオープンカーがよく似合い、高所得者も多いため高級なオープンカーが街を走る光景をよく目にします。
このように、オープンカーは一種のステータスのような扱いを受けることがあり、車の走りを楽しむ以外にも、目での楽しみ方もあります。

オープンカーの強み

| 未分類 |

町を歩いているとたまにカッコいいオープンカーを目にする事があります。オープンカーと言えば車にお金をかける人、デザイン性に優れているのでセンスを重視する人が乗る車だというイメージが強いと思います。またオープンカーは一部の愛好者以外には非常にメリットが少ない車のように思われがちですが様々なメリットがあります。今回はそのメリット言わば強みについて御説明致します。まず、屋根が開くということで普通の車とは比べものにならない開放感が味わえます。これがオープンカーの最大の特徴でありメリットです。これは乗ってみた人にしかわからない感覚です。春や秋の暖かく、気持ちの良い風を浴びながら山道や海岸どおりを走ると爽快です。季節を先取りした感を得る事が出来ます。また車のデザインや内装にお金をかけている人、自信がある人にとっては注目を浴びることが出来るので優越感に浸ることも出来ます。オープンカーは外から自分の車のエンジン音を聞けるので、運転の臨場感が普通車と比べ全く違います。速度により感じる風の強さ、冷たさも変えることが出来ます。あとは駐車場のパーキングで窓を開けずに後ろを確認することも出来非常に運転の利便性が高いです。

Tバールーフ

| 未分類 |

オープンカーとは、車のルーフからリアウインドまでを折りたたむことができる車種です。リアウインド部を残した状態でのタルガトップという車種も存在します。しかし、ルーフを完全に取り払うことによる開放感と引き換えに、車体剛性の確保、安全性の確保の面での変更点も数多く存在します。同様の開放感と車体の剛性、安全性の確保をバランスできる仕様がTバールーフです。運転席上部と助手席上部のルーフを手動で取外し可能とした車種です。それぞれのルーフを外した状態で上から見ると、文字通り、Tバーが残された状態になります。サンルーフよりも開口部を大きく確保することが可能となります。この方式なら、大幅な車体の剛性向上は行う必要はなく、Tバーが残ることで安全面でも問題はありません。取外し部は、ルーフと同様の鉄製と、ガラス製があります。ガラス製ならば、サンシェードを外せば、車体に取り付けた上体で車体上方から光を取り入れることが可能となります。外したルーフ部は、専用のケースに入れて、車体ラゲッジルームの専用の収納場所へと保管します。このTバー方式は、国産車でも数車種に採用されていましたが、今現在での採用車種は存在していません。

タルガトップ

| 未分類 |

いわゆる、ヨーロッパのラテン国や、アメリカの西海岸などは天候に恵まれているところが多いため、 フルオープン、コンバーチブル、といったオープンカーが好まれる傾向にあります。 しかしながら、このタイプの車種の最大の欠点はスリップなり激突なりの事故で転倒してしまった場合に、 運転者を守る構造物がなく、結果として人間の首で車全体を支えるしかなくなってしまい、 即死を免れえない構造になってしまっています。 事故で車がひっくり返ったケースでも、ドライバーの命を守りながら、 猶且つオープンカーによるドライブの心地よさを味わえるように開発されたのが、ダルガトップです。 端的に言えば 、頭上のルーフパネルが取り外せるようになっていて、 Bピラーはしっかりと据え置かれ、リアウインドウはアクリル製であり、取り外しができるようにしたものをいいます。 ヨーロッパではタルガトップが人気があり購入されますが、アメリカではファンが少ないようです。 名称の由来はイタリアで以前に開かれたいたタルガ・フローリオ耐久レースからであり、 1966年から1970年まで5連覇したポルシェが、これを祝してポルシェ・911のセミコンバーチブルに タルガと名付けたことからきています。

 

オープンカーの種類

| 未分類 |

オープンカーとは、その名の通り、空間から開放された車、屋根のない、または屋根が開放可能な乗用自動車をこう呼びます。
もちろんこの言葉は和製英語であり、アメリカでは「コンバーチブル」、フランスでは「カブリオレ」や「カブリオ」、また、イギリスでは「ロードスター」などと呼ばれています。
開放的な走りや、周囲への強烈なアピールをもたらすとして、コアなファンが多くいます。
最近では、初めから屋根のない車と言うよりは、開閉可能な幌、若しくはハードトップが装着されている種類が主流です。
一昔前は、構造上、やはりボディ剛性の弱さは否めなく、オーディオ等の関係上もあって、屋根の中央部分のみ残せるTバールーフという種類も登場しました。しかし、最近では、このボディ剛性の問題も技術の向上により緩和され、さまざまな車が発売されています。また、普通のクローズドボディを持つスポーツカーのオプション装備、またはグレート等の違いよって、オープンか、そうではないかを選べるような車種が多いのが特徴と言えるでしょう。
また、最初からは設定のない車種を改造し、オープンにすることもあります。これは主にパレードなどに使用されることが多く、近年では、バスなどを改造してパレードに用いることもあります。