自動車には、実用的な面に特化したものと、オーナーの趣味性に合わせてデザインや仕様などに特性を持たせたものがあります。スポーツカーなどは、そのスポーティな走行性と挙動から、運転に爽快感を求める人に人気が高いものとなっています。
こういった特性の中で、他に人気が高いものとしてオープンカーが挙げられます。
車両のルーフ部分を開放することで、日差しや風などを体感しながら運転することが可能で、その爽快感は他の車両では感じることができないものとなっています。
オープンカー仕様の車両は、スポーツカーに多く採用されていますが、RVなどの4輪駆動車でもラインナップされており、アウトドアなど、自然を身近に体感できるものとして多くのファンを魅了しています。
こうしたオープンカーは、こうした醍醐味がある一方で、使用できる条件が限られているのが特徴です。
ルーフが開いた状態で走行するので、雨天など、悪天候の時は使用することができません。また、急に天候が変わるといった時にも、ルーフを閉めるために停車する必要があります。
以前のオープンカーは、ルーフの開閉に手間がかかるものでしたが、最近のものでは電動のものが多く、運転席での操作で開閉が可能となっており、その利便性は高くなっています。